【レビュー】MarantzProfossionalのMPM-4000Uを使ってみた

ガジェット

MPM-4000Uの基本情報

のんびり
のんびり
 

先日こちらのページでいろいろなコンデンサマイクを比較した結果MarantzMPM-4000Uを購入しました。

今回はそのレビューになります。

【徹底比較】コンデンサマイクってどれを買うべき?
のんびり こんにちは、"のんびり"です。 今回はパソコンで通話などをするときに使うコンデンサーマイクを選ぼうと思い色々調べたのでまとめてみようと思います。 重視する点 今回は次のような状況で使うことを想定して選びます ・PCでのチャット・ス...

スペック

  • タイプ:14mm・コンデンサー
  • 指向性:カーディオイド
  • 周波数特性:30Hz〜18kHz
  • 感度:-32dB (0dB = 1V/Pa @ 1kHz)
  • 最大SPL:130dB (@ 1kHz ≤ 1 % THD)
  • ビット深度:16bit
  • A/Dコンバーター:
    サンプリングレート: 8, 11.025, 16, 22.05, 32, 44.1, 48kHz
    THD+N: 0.01%
    SNR: 89dB
    ダイナミックレンジ: 89dB
  • D/Aコンバーター:
    サンプリングレート: 32, 44.1, 48kHz
    THD+N: 0.005%
    SNR: 96dB
    ダイナミックレンジ: 93dB
  • サイズ(D x L):46mm x 168mm(マイク本体)
  • 重量:約370g(マイク本体)

公式サイトより引用

特徴

  • ミュートスイッチがある
  • 音量の調節ボタンがある
  • ダイレクトモニタリングができる
  • スタンドが付属している
  • 接続がUSB-C

梱包

外箱

ほかの方のブログでも言われていますが外箱はかなり安っぽいです。
3千円のマイクと言われても違和感はないと思います。

箱の表記はすべて英語で直接伝票とバーコードのシールが貼られていました。
テープの張り方もぐちゃぐちゃです。

ただ、持ってみると見た目に反してすごく重いです。

梱包

箱を開けると一気に高級感のある本体とスポンジ状の梱包材が入っています。

内容物

  • マイク本体
  • スタンド
  • USB-Cケーブル
  • 説明書

本体

本体は外箱と打って変わって黒地に金色の文字で高級感があふれています。
金属製でずっしりと重く触るとひんやりしています。
おもちゃっぽさや安っぽさは全くありません

前面にはインジケーターランプ、ミュートスイッチ、マイク出力調整のダイヤル、ヘッドホン出力の音量調節ダイヤルがあります。

スイッチの押し心地やダイヤルの回し心地もしっかりしていてとてもいい感じです。

ただ一つだけ安っぽく感じる点がダイヤルがぐらぐらすることです。

底面にはヘッドホン出力用の3.5mm端子とPC接続用のUSBポートがあります。

付属品

・スタンド
・ケーブル
・クイックスタートガイド
スタンド

スタンドは高さや角度の調節ができ、実用性は十分あると思います。しかし、造りや質感は本体に比べて少々安っぽく感じます。

高さ調節部分のねじの作りがいまいちで伸ばして使うとグラグラしますし。どんなに強く締めても少し力をかけるだけで高さが変わってしまいます。

USB-Cケーブル

 

付属するケーブルはA to Cのケーブルのみですのでパソコン側もUSB-Cで接続したい場合は別途C to C ケーブルを購入する必要があります。

太さは 実測値で4mmで少し太めといった感じですが、太さの割には柔らかく取り回しが悪いということはないと思います。

 

クイックスタートガイド

説明書はきちんと日本語のものがついてきます。海外製品でよくある日本語の違和感もなく、製品の仕様やパソコン側の設定方法などがわかりやすく載っています。

詳しい内容はこちらに同じ内容のものが載っていますので必要でしたらご確認ください。

使用した感想

 

すでに購入して一か月ほどボイスチャット等で使用していますが、音質は値段以上に良いと感じています。

同価格帯のマイクをほかに持っていないので、あくまで購入前の僕のイメージとの比べてですが、想像していたよりも音質、使いやすさ共に想像以上でした。

僕の机ではスタンドが少々使いにくく感じたので今度はマイクアームを探してみようと思います。

また、3カメラアダプタ等でiPhoneへの接続も今度試してみようかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました